定峰峠

10月下旬にしては、ポカポカ陽気 こういう陽気はもう少ないと思うので、KHで出動です。 行き先は、いつもの定峰峠。 距離的にも、ルート的にも、交通量的にも最適で、もう何度も通っている、お気に入りのルート。 出動前に、スパークプラグをチェックしてみる。 薄いと感じていたけど、やはり少しだけ焼き気味 でも、キツネ色に焼けています。 ガソリンを満タンにして、定峰へ・・・・ 暖かくて、気持ちイイ。 エンジンも調子イイぞ! 今日は、ミッションのタッチがいいなぁ~ 市街地を離れ、秩父に近づくにつれて、交通量が少なくなり、アクセルを開ける やっぱり パワーが出るのが遅い。 8000rpmぐらいでパワーが出て、鋭い加速するんだよ。 本来なら頭打ちする頃なのに・・・・ このパワーが6000rpmから出てくれたら最高なんだけどなぁ~ プラグの焼けはキツネ色で、薄い・濃いというような状態ではないので、油面とか、違うトコがいけないのかな? 秩父に近づくにつれて、山々 気温が下がり 寒い。 森林が光合成で酸素出してるの判るね。 定峰の峠を上り、峰の茶屋に到着。 暖かい日だから、多くのライダーがいるのかと思ったら、誰もいないよ! 店も閉まってる・・・ 平日は開けても、商売にならんもんね。 ほどなく、数台のライダーとサイクリストが到着。 それでも、みんなソロだから静かなもんで ????って感じ。 OTTUPAIは、黙々と写真撮影。 …

続きを読む

KH チョイ乗り

 ▲ KH250B5 本物の最終型 ひさしぶりにKH250に乗りました。 10月下旬にしては、気温が上がり良い天気 少し厚着して出発。 1速がローギア―ドで、引っ張ってもすぐ吹け切るし、速度も出ない 完全発進専用ですね。 おまけに、2速にシフトUPのフィーリングが非常に良くないので、ライディングしていて不快です。 2速発進出来るかな?  街中のストップ&ゴーは、ホント嫌だわ。 今日乗ってみて、キャブセッティング 微妙に濃いな。 2サイクル特有の2段階の加速感がイマイチ。 タコで8500rpmぐらいからパワー出てくるんだよ。 全開少し手前のスロットルの方がイイ感じだから、薄くしたい。 冬を前にだけど、NJで薄くしてみて、フィールを確かめてみようと思う。 もう少し下、6000rpmから2段式に加速するようになると、楽しいんだけどね。 あと、ノーマルマフラーは高回転でフン詰まりだね。 昔、社外チャンバーのときは、高回転まで鋭い加速してたけど、ノーマルはダメだ。 間をみて、マフラー加工しようと思う。 古いからといって、回さないような運転はしないです。 エンジン トップエンドまできっちり回します。 腰上は、井上ボーリングにてプラトーホーニング 今は亡きGENさんによるポート加工、WPC&ボリブデンショット加工もしています。 そして、自分で腰上を組んでいるので、自身を信用し、レッドまで回しています。 年内 キャブセッティングを終えて、もう…

続きを読む

ハセガワ カワサキ KH400-A7

カワサキKHは、マッハシリーズから受け継ぐ独特の2ストローク3気筒エンジンを搭載。 「ケッチ」の愛称で親しまれ、現在でも根強い人気があるオンロードバイクです。 1979年11月にカワサキライムグリーンのレーシングカラーでリリースされた 排気量400ccの最終モデル「KH400-A7」を、 徹底した実車取材により完全新金型でキット化します。 パーツの色分けとメッキパーツで塗装しなくても実車に近いイメージを再現。 スケール … 1:12 品番 ……… BK6 弊社発送 … 2018年11月14日 発売日 …… 2018年11月17日ごろ 本体価格 … 3400円(+消費税) 模型全長 … 165.5mm 模型全幅 … 109mm いや~ 素晴らしいメーカーですね! 採算など考えてたら製品化出来ないのではないでしょうか? 子供の頃 KHのプラモデルを造りたかったけど、何処にも売ってなくてねぇ~ そして、この造り込み!  エンジン周り 良く出来てます!  バッテリー、グリップ、シート裏  素晴らしいね! KH トリプルファンの方 11月17日発売です。 おわり

続きを読む