C63AMG インプレ その2

C63AMGに乗ってみて、いろいろ考えさせられているottupaiです。 私はMT派でして、セミAT(パドルシフト)の否定派でした。 セミATなんか、あんなもんF1の真似事やゲーム感覚の延長だろ!と思い込んで疑いませんでした。 そのぐらいMTがスポーツカーの最高のドライビングプレジャーと思っていました。 ドライビングプレジャーとは、MTを酷使しヒール&トウを決めながら、電光石火のごとく6速から2速まで自らの両手両足を操作し、回転を合わせながらシフトダウンする。 これこそがスポーツカーの醍醐味と信じて疑うことのなかった私でしたが・・・・ (時代の進化を肌で感じた今、こういうことを書いてる自体、恥ずかしさがあります) C63AMGに乗って、セミAT(パドルシフト)の優位性を痛いほど感じてしまい、今までの自分の考え方に恥ずかしさを覚えるほどです。 Mモードで乗るC63はなかなか楽しいです。 パドルシフトのしっかりとした操作感 ギアの繋がり シフトダウン時の回転合わせと・・・ セミATにもドライビングプレジャーが残っていますね。 セミAT、このロジックは素人が唯一F1を連想させる装備として、これ以上ないものではないだろうか? オーナーなら判ると思うが、Mモードで走るとシフトアップタイミングでスピードメーター内のインジケーターが赤く点灯しますよね。 タコメーターなんか見ないでしょ。 1速・2速なんかタコ見ながらシフトアップなんか出来ないと思います。(前方を見ていないと危険です) それが赤い光を出すことでシ…

続きを読む

C63AMG インプレ その1

納車されて5日ほど経ちました。 素人ではありますが、簡単にインプレしたいと思います。 まずはスペックからおさらいしますと、エンジンは6.3リッターのV8で457馬力 トルクは61.2kgm  パワーウエイトレシオは3.6kg/ps ハイスペックの1台です。 何よりもドライバーを刺激するのは、排気音です。 エンジンを始動した瞬間、特に冷間時のエンジン始動は野太い音がさらに強調され只者ではないと感じさせてくれます。 そして、空ぶかしすると、これがイイんです。純正かよ?と疑うような排気音です。 フェラーリのような高揚感のある音ではありませんが、63エンジンのV8の音も凄味があります。 少し回転をあげて吹かして、アクセルを閉じると『パンパンパン』とアフターファイアを発します。 ベンツが、しかも純正ノーマルでこんな音させていいのかよ!と思うぐらい好きな人には堪らない音と思います。 未確認情報ですが、マフラーを開発したのはイタリア人らしいです。 走りだしてしまうと、窓を閉めている限り排気音は良く聞こえません。 少し窓を開けて走りたくなります。 で、まずは加速感ですが、発進からの加速は楽しいです。 停止からフルスロットルを与えると、トラクションコントロールが働いてエンジンの出力を制御してしまって加速しません。 特にこの時期はタイヤがグリップしないから余計にコンピュータが介入してしまうでしょうね。 絶妙のアクセルワークでフル加速しますと、ホイルスピンしながら突き進みます。 ESP(トラクションコントロ…

続きを読む

納車されました。 でも、喜べない1日でした。

▲ 待ちに待った納車日でしたが・・・    ▲ 中央道・談合坂SA(下り)   今日は首を長くして待っていたC63AMGの納車日でしたが、朝から憂鬱です。 今日、朝一番で保有する株を売却しようと決めていたのですが、その気配値を見て愕然として一気に暗くなってしまったottupaiです。 ハァ~、去年に続いて今年も同じことを繰り返している。 利益が1日で吹っ飛びました。(泣) そんな晴れない気持ちで自宅を出て、ディーラーへ向かう。 約束の11時の到着すると、オレのC63が待っていました。 本当なら、うれしくて仕方ないトコなのに・・・ よりによってこんな日に急落とは・・・ それでも、淡々と引き取りの手続きを進めていきます。  ナビの操作などをレクチャーされましたが、全然頭に入っていかないので途中で中止しました。 で、コーヒーを頂いた後に受領サインをし、ディーラーを後にします。 いよいよ、自らの手で初めて愛車を動かすんだけど、この晴れない気持ちって言ったら・・・ 普通なら逸る気持ちなんだろうけど・・・ ア~ア。 そんな気持ちの中、街中をスロー走行。エンジンを回していないので、全然わかんない。 ナラシ運転の距離を稼ぐ為に高速道路へ。 その前に大食いなC63なので、満タンに給油しておきます。 エンジン回転数を3500RPMまでと決めての走行です。 インプレなのですが、エンジンを全然回していないので性能面のインプレはするまでもありません。 チンタラ走行を延々と続けていたので、帰り道…

続きを読む